FX基礎講座

そもそもFX(外国為替)って何?

FXという言葉は「Forreign Exchange=外国為替」という英語の略称だ。
外国為替保証金取引の通称名として使われることも多くなったが、保証取引だけでなく現金や小切手で行われる
すべての外国為替取引を表している。その外国為替とは、異なる通貨の交換のこと。

 

そして、異なる通過を交換する時の値段が「為替レート」で、レートを決定するための市場を
外国為替市場と呼んでいる。
その日一日あたりの取引高は全世界でおよそ350兆で、まさに巨大な市場となっている。

 

 

異なる通貨を交換すること

 

通貨ペアって何?
外国為替というのは、通貨の交換で、交換するには必ずふたつの通貨が一対になっている必要がある。
これを通貨ペアといっっている。円と米ドルの通貨の場合は「USD/JPY](以下、ドル円)
のように表示され、先にくる(=表示の左)通貨一単位に対して、次にくる(=表示の右)通貨でいくらという具合になる。
各通貨の表示方法は(=カレンシコード)と通貨ペアのうちどちらが先にくるか(=ペアコード)に決まりがあるので、覚えておきましょう。

 

最近大人気の外国為替保証金(FX)ってどんな取引方法?

外国為替取引には、保証金システムが使われている。保証金システムというのは、保証金を担保として
取引会社に預託し、この保証金を元手に大きな価値のい取引を行うというものだ。
保証金システムでは、「差金決済」という方法がとられ、取引によって発生する差額だけを、取引を終了する時に
清算することになっている。
差額がプラスの場合には、保証金にその金額が加算されるし、差額がマイナスの場合には、預けた保証金のなかからその金額が減額される。
差額分だけを手当てすればよいので、少ない金額を元手に、大きな取引をすることができるわけだ。

 


FX水平線トレーディング4ヶ月間完全習得プログラム/af